大阪うつぼロータリークラブ R.I.第2660地区
Osaka Utsubo Rotary Club
クラブ紹介
会長
理事・役員・委員会
活動
同好会
週報
ロータリーとは
リンク
掲示板



|活動 

 本年度のクラブ活動方針と計画

2011〜2012年度会長  湯尾 恵子

1.「心と心の絆を大切に」を引き継ぐ
クラブの伝統である「心と心の絆を大切に」を引き継ぎ、これを基本に活動することとします。

2.例会の充実
例会は、会員同士親睦と情報交換の場であり、また、ロータリーの活動の様々なことを学ぶことができるという貴重な時間です。満足感の得られる例会を目指し、今年度も引き続き、内容の充実を図っていくこととします。

3.会員増強
クラブの運営基盤を強化させる必要がありますので、今年度も、会員数の増加を図ることとします。これを継続的に行うため、前年度と同じ会員増強委員に、引き続き担当していただくことにしました。

4.会員研修内容の見直し
会員増強を図る一方で、継続的な「人づくり」を目的として、クラブの発展にむけた研修を実施します。 研修の受講対象者は、新入会員・入会歴5年未満の会員・入会歴5年以上の会員別に、炉辺会合的な形式で行う予定です。 なお、実施に際しては、各委員長のご協力を必要とする場合も想定されますので、その節にはご協力くださいますようお願い申し上げます。

5.長期的な奉仕活動を明確化
奉仕活動において、長期的な計画により活動するほうが良いと考えられるものについては、これを明確にし、年度ごとの達成度がイメージできるものとなるようにします。

クラブのテーマ「皆で目指そう、活き活きとしたクラブを!」
2011〜2012年度
◆RIテーマ「こころの中を見つめよう、博愛を広げるために」

 強調事項
  1. 強い「家族」を築くこと
  2. 私達が一番得意とすることを「継続」していくこと
  3. 「変化」に対応すること
 計画優先項目 2011〜2012年度の長期計画
 今後のロータリーが強さや活気を維持していくための簡潔なアプローチである。
  1. クラブのサポートと強化
  2. 人道的奉仕の重点化と増加
  3. 公共的イメージと認知度の向上
 より良い結果を出すための基本事項
  1. 強いクラブの簡潔な体系
  2. 意義ある奉仕プロジェクト
  3. 好意的な公共イメージの向上

◆第2660地区テーマ 「見直しをすすめ新たな第一歩を」

強調事項
  1. クラブのサポートと強化
  2. RIの人道的支援の重点化と強化
  3. 地区における公共的認知度の向上
  4. ロータリー財団の未来の夢計画の周知と推進

◆大阪うつぼロータリークラブ

活動方針と計画事項
  1. 「心と心の絆を大切に」を引き継ぐ
  2. 例会の充実
  3. 会員増強
  4. 会員研修内容の見直し
  5. 長期的な奉仕活動を明確化
▲top
HOME MAIL E-mail